コーヒーはどうなのか|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

口臭と関係があるもの

コーヒーはどうなのか

コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすいからです。

また、コーヒーには渋みと酸味がありますが、飲み過ぎると渋みが唾液分泌を抑制し、酸味が口の中のpHを低下させてしまうのです。この、口の中のpHが低下する事によって口臭が起こりやすい環境が引き起こされます。また、コーヒーに入れるミルクや砂糖も舌表面に残留し、コーヒーの焦げ臭い焙煎成分とミルクや砂糖の分解による臭気が混じって特有の口臭を引き起こしやすくなります。舌表面に残っている成分がなくなり、口腔内のpHが元の通りに唾液によって緩衝されると、自然にその気はなくなります。

コーヒーを飲んで口臭が発生しやすいタイミングとしては、起床直後や空腹時などの、元々唾液分泌が少ない時が考えられます。食中食後であれば唾液分泌も盛んで口腔内のpHもそれほど低くはならず、コーヒーに起因した口臭は殆どないと考えて良いでしょう。(逆に食物由来の口臭を防ぐことが出来ます)

コーヒーを飲んだ後に、そのコーヒー臭を防ぐ方法としては、舌の表面に付着したコーヒーの微粒子と酸味を水で洗い流す方法があります。また渋みで唾液分泌を抑制されるので、唾液が出る様に舌を動かしたり、ガムを噛む方法も有効です。

コーヒーは臭いの元になる反面、抑制成分もまた含まれており、ニンニクなどの硫黄化合物に起因した口臭に対しては、実は逆に予防効果があると考えられています。これは、コーヒーに含まれるカテキンやフラン類の成分が口臭予防に効果があるからです。しかし、口腔内のバクテリアが原因となる大半の口臭には、やはり効果はないので、基本の口腔ケアは必須になります。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.