自律神経・性格と自臭症|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

自臭症対策

自律神経・性格と自臭症

唾液の分泌は自律神経によってコントロールされていますので、口臭のない健康な口腔内を作るためには、自律神経の働きを正常にしていくことは大変重要なことです。自律神経は生活のリズムの影響を強く受けるので、生活リズムを整える必要があります。

  • 睡眠を適切にとる。
  • 運動をする。
  • 規則正しい食事

自律神経失調症の患者は、実に多くの症状を訴え、その中に「口の渇きや」「口臭」が含まれます。しかし、反対に口臭や鼻臭を訴えたからと言って、必ずしもその他の身体的症状を訴える自律神経失調症であるとは限らないというのが、口臭・鼻臭と自律神経失調症との関係であります。

自臭症の多くの人に精神的問題を抱えている人が多いのと、「自律神経失調症」の人の病態に似ている人が多いことから、自臭症の患者の多くは「自律神経失調症」とは言わないまでも、自律神経的問題を抱えている人が多いことは事実の様です。

自臭症に多いのは他人に気遣いができる人が多いことです。言い換えれば、人からどう思われているのかを気にし過ぎているということもできます。そのため人のしぐさが気になり、それが内的なストレスとなっていきます。また、通常、誰でも日常生活を営む上では外的なストレスを少なからず受けているものですが、自臭症患者の多くはそういったストレスを受けやすい性格ということもできます。それらのストレスによって唾液の分泌が低下して、細菌が増殖し、口臭の発生とつながります。

現在のような、ストレス社会では、誰もが自律神経的問題を引き起こすといっても過言ではありません。同様に「自臭症」にかかる可能性もあります。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.