食生活でのヒント T|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

自臭症対策

食生活でのヒント T

食事の内容も、重要なポイントです。口臭予防には、アルカリ性食品を多くとるよう心がけて下さい。アルカリ性食品の代表は、カルシウム、ナトリウム、カリウムを多く含む緑黄色野菜や海藻類です。野菜そのものを摂取できない場合は、せめてこれらを含む青汁や野菜ジュースなどの葉緑素飲料を常飲するとよいでしょう。

また、歯ごたえのある硬いものや繊維質のものを意識的にとることも大切です。しっかりかむことで唾液の分泌を促すという効果もあります。塩分や糖分も控え、油は良質の植物性油に、香辛料など刺激物やニオイの強い食品はできるだけ控えたほうが口臭予防につながります。

近頃は、ニオイのないニンニクや納豆などの、「無臭食品」が数多く出回っています。確かに、口臭を気にしなくてすむでしょう。しかし、無臭食品を食べ続ければ、口臭や体臭が消えてなくなるというわけではありません。

たとえニオイのないものを食べたとしても、受け止める側に問題があれば臭いニオイの発生を止めることはできません。体内環境が整っていなければ、胃腸内で異常発酵を起こしてニオイ物質が大量に発生し、肝臓や腎臓がそれらを除去しきれなくて口臭や体臭となってあらわれる可能性があります。時には一時的な対処法も必要かもしれませんが、口臭予防の基本は、食生活を見直し、健康的な体を取り戻すことでしょう。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.