口内は菌だらけ?!|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

口臭の原因

口内は菌だらけ?!

口臭の原因は、やはり口の中にあるのがほとんどです。ニオイの元となるのは、歯についた歯垢(プラーク)です。歯の表面に付着する白くて柔らかい沈着物を歯垢といいますが、 これらは口の中の食べカスをエサにして増殖した細菌の塊なのです。

歯磨きもせず、歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化します。これが歯石で、約二日間で歯垢は簡単に歯石に変わってしまいます。こうなると、ブラッシングをしてもなかなか落ちません。

どんなに注意深くブラッシングをしても、年齢とともに歯垢や歯石は付きやすくなります。時々、歯垢染め出し剤等を使って、歯磨きの不十分な所やブラシの届きにくい部分をチェック するとよいでしょう。また、歯周病予防のためにも、歯科医院で定期的に歯垢や歯石をきれいに取ってもらう必要があります。

口の中の、もう一つの大きな原因は虫歯です。虫歯とは、食べカスを細菌が栄養にして、酸が生産され、その酸によって歯が溶けて虫歯になります。虫歯になると穴があき、そこに食べカスや歯垢が詰まりやすくなり、普通に歯磨きをしただけでは取れにくくなるのです。

また、歯肉炎症やひどい虫歯は独特のイオウ臭がします。早く治療する様にしましょう。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.